上海万博

チリ館に呼ばれ、上海万博に行ってきました。

殺菌作用を持つ真鍮(BRASS)をあらゆる環境表面に使用した世界初の抗菌クリニック「BLASS CLINIC」が、医療施設における銅および銅合金の普及に重要な役割を果たすとのことで、銅の殺菌作用を研究されている北里大学の笹原先生と共にレクチャーしてきました。

チリは世界最大の銅の産出国で、CODELCOという巨大な国営企業があるのですが、要はそこが銅を売りたいということなんですね。
一日目は主に中国の医療関係者に対するプレゼンで、二日目は主に建築関係者を対象とする講演と、二日に渡るプレゼンテーションとその後のパーティーをこなし、少々疲れました。
体よく銅の販売促進に利用された感は否めませんが(笑)、多くの方との新しいネットワークも出来たことなのでまあよしとしましょう。

写真中央がCODELCO 副社長カルメンさん。大企業の重役にもかかわらず(いやそれだからこそ?)、我々以上にきめ細やかな配慮の出来る方でびっくりしました。

中国パヴィリオンの確か雲南省のコーナーにて♡

2 Comments »

  1. mana より:

    いいですね♡

  2. ken より:

    え、上の写真のことかな?

RSS feed for comments on this post. / TrackBack URI

コメントを残す

ja 107号『のりたまハウス』掲載

ja 107号 特集 Space in Detail「ディテールの思考と挑戦に『のりたまハウス』が掲載されています。『ディテールの系譜』というエッセイも寄稿しました。是非御笑読くださいませ。

『荻窪の連峰』新建築住宅特集掲載

『荻窪の連峰』が新建築住宅特集2016年12月号に掲載されています。

MARK61

現在世界で最も多く読まれていると言われるオランダの建築雑誌【MARK61号】に、『のりたまハウス』と『高輪の住宅』が紹介されています。

ロングセクションということで計12頁の異例の扱いです。

作品選集2016『のりたまハウス』掲載

日本建築学会作品選集2016に『のりたまハウス』が入選しました。

 

型を破る光

手嶋保「伊部の家」詳細図集に寄稿しました。

「型を破る光」というタイトルです。

短い文章ですが、私なりの手嶋論。

是非御笑読ください。

何より詳細図集がすごいです!