兄貴刺す、アニサキス。

(注)グロ危険

一月ほど前になりますが、アニサキスに大当たりしてしまいました。

某お寿司屋さんで食べたイカかサバが原因だと思います。アニサキスって細菌じゃなくて虫なんですね・・・。これが胃に食いつくとすごく痛いんですね・・・。なんて言うか素手で胃を揉まれている感じです。まあ素手で胃を揉まれたことはないのですが。

何でも日本でのアニサキスの報告例は毎年2000人程度らしいので、結構なレアケースであることは間違いありません。

血液検査、CTスキャン、レントゲン検査をしたのですが痛みの原因が分からず、とりあえず即入院を厳命されました。間歇的に来る痛みに、ベッドでうんうん唸っていました。午後になって生まれて初めての胃カメラ挿入。もしかしたらアニサキスではないかと、お医者さんの方では疑っていたみたいです。なので一匹見つかった時は歓声があがりました。いろんな先生が手術に立会い見せ物状態に。胃カメラの脇から挿入した鉗子でアニサキスを引っこ抜くというかなり原始的なオペ。二匹目がいると大変ということで、胃カメラは初めてなのに30分ぐらいかき回されていました。途中麻酔も切れてきてかなり苦しかったです。

アニサキスは基本的に多くの魚にいるみたいで、寒い地方で捕れる魚に多いそうです。日本ではイカやサバに多く寄生していて、冷凍して24時間経つか60℃以上に加熱しないと死なないという、わりと生命力の強い寄生虫です。イカはそうめん造りにしたり、お鮨でも表面に切れ目を入れますよね・・・。あれはもしかしたらいるかもしれないアニサキスを、物理的に(仮想的に?)切断処理しているお作法だったんですね。あな恐ろしや。

お寿司は良く噛んで食べることにしよう。

白いくるっとしたやつがアニサキス

鉗子で引っこ抜く瞬間

御陰様で胃ガンが無いことだけは分かりました。

4 Comments »

  1. mana より:

    おーまいが。
    おつかれさまでした。
    恐ろしい事です。
    お大事にです。

  2. ken より:

    二回目以降は蜂刺されにおけるアナフィラキシーショックのように劇症化しやすいとのこと。
    今後は刺身、鮨は命がけです。
    腸まで行くと開腹らしいよ。ガクブルです。

  3. 011 より:

    見せ物状態にワロタ。

    ところでこういう写真ってどうやって入手するんですか?
    言えば普通にもらえる?
    レントゲン写真にせよ、患者本人でも基本的に所有させてもらえませんよね?

    それとも、あまりにも病院に行かないせいで、
    ルールが変わったのを僕が知らないだけなのかな?

  4. ken より:

    今回は普通に言えばくれましたよ。でも担当医がこっそりくれたので本当はダメなのかな。
    レントゲン写真は買取に保険が効かず、結構な代金とられます。
    でも全身のレントゲン写真集めて繋げたいんですよね(笑)
    今度コレクションお見せします。輪切りのCTスキャンとか見ると、ついよだれが出ます。

RSS feed for comments on this post. / TrackBack URI

コメントを残す

2018年11月24日(土)京都造形芸術大学(京都市左京区)でレクチャーします!無料ですので是非!

高解像度のチラシ(PDF)▶︎ 

just a small lecture @ OSAKA

3月24日(土)、大阪は十三でレクチャーさせていただくことになりました。まだ何を話すかは決めていませんが、只の作品紹介だけにはしないつもりです。

ご希望の方は  <kuyama@kenchikukahudosan.com> 久山氏までご連絡の程お願い致します。

『のりたまハウス』+『ディテールの系譜』掲載

新建築社 ja 107号 特集 Space in Detail「ディテールの思考と挑戦に『のりたまハウス』が掲載されています。『ディテールの系譜』というエッセイも寄稿しました。是非御笑読くださいませ。

『荻窪の連峰』新建築住宅特集掲載

『荻窪の連峰』が新建築住宅特集2016年12月号に掲載されています。

MARK61

現在世界で最も多く読まれていると言われるオランダの建築雑誌【MARK61号】に、『のりたまハウス』と『高輪の住宅』が紹介されています。

ロングセクションということで計12頁の異例の扱いです。