Japanese Houses 2000-2010

弦巻の住宅」が、新建築創刊85周年記念「住宅10年」(新建築2010年12月臨時増刊号)に掲載されています。新建築/新建築住宅特集に2000年から2010年までの10年間に掲載された1800あまりの住宅から400あまりの住宅が選ばれています。そのため扱いは小さいのですが、まあ光栄なことです。住宅のプランがこれだけ一同に集められると壮観ですね。

以下「新建築.net」より転載

<環境の世紀に向き合い、さまざまな社会背景のもと多様な建築のかたちを牽引してきた現在の日本の住宅。
21世紀最初の10年に生まれた住宅から398作品を収録。建築家を中心にこの状況に対峙するつくり手たち239人が検証した857に及ぶ検証コメントにより、日本の住宅の現在を特集します。
本誌読者のための連動WEBサイトでは10年に月刊誌で掲載された約1,800作品の住宅が検索可能。本誌と共に皆様それぞれの視線から次なる建築の可能性を導く一大特集号です。>

コメントはまだありません »

コメントを残す

just a small lecture @ OSAKA

3月24日(土)、大阪は十三でレクチャーさせていただくことになりました。まだ何を話すかは決めていませんが、只の作品紹介だけにはしないつもりです。

ご希望の方は  <kuyama@kenchikukahudosan.com> 久山氏までご連絡の程お願い致します。

ja 107号『のりたまハウス』掲載

ja 107号 特集 Space in Detail「ディテールの思考と挑戦に『のりたまハウス』が掲載されています。『ディテールの系譜』というエッセイも寄稿しました。是非御笑読くださいませ。

『荻窪の連峰』新建築住宅特集掲載

『荻窪の連峰』が新建築住宅特集2016年12月号に掲載されています。

MARK61

現在世界で最も多く読まれていると言われるオランダの建築雑誌【MARK61号】に、『のりたまハウス』と『高輪の住宅』が紹介されています。

ロングセクションということで計12頁の異例の扱いです。

作品選集2016『のりたまハウス』掲載

日本建築学会作品選集2016に『のりたまハウス』が入選しました。