BRASS CLINIC 掲載

雑居ビルの一角を内科診療所にコンバージョンした「BRASS CLINIC」というプロジェクトが、新建築3月号に掲載されました。

上の写真は阿野太一さんによる撮影です。

銅および真鍮などの銅合金には高い殺菌性能があることを聞き及び、ドアハンドルや家具の取っ手などの金物類、診察机や受付台といった環境表面を全て真鍮で製作しました。

院内感染の主な原因であるMRSAや、新型インフルエンザウィルスH1N1も、付着後数時間以内にほとんど死滅するとのことです。

その結果、一応、世界初の「抗菌クリニック」になった模様です・・・。日経CNBCなどからも取材がありましたが、番組を御覧になった方はいらっしゃいますでしょうか?

「BRASS CLINIC」については、松田達さんがARTSCAPEにレビューを書いてくれています。

真鍮面は当初鏡面状態で非常にドキドキしましたが、所員と二人で三日三晩泣きながらサンダー処理を施し、ようやくマットな質感にすることができました。危うく、「きんいろのミラーハウス」になるところでした。

最近、一つのプロジェクトが完成した際に、そのプロジェクトを最もよく表象するようなドローイングを描くことにしているのですが、今回はアクソノメトリック・セクションとでもいうべき図面を描いてみました。

個人的にはありそうでなかった図面だと思っているのですが、いかがでしたでしょうか?

コメントはまだありません »

コメントを残す

邂逅、そして…

初めてロンシャンの礼拝堂を訪れたときのことを、8年ぐらい前にもさらっと書いていたのを思いだしました。「邂逅、そして」 ▶

とても短いエッセイなので、こちらも是非!

OMソーラーのこのシリーズ、知らない間にずいぶんと多くの建築家の方が書き連ねているようです。何気に大御所ばかりとなっていて気が引けます…

「建築と私」 ▶

PRISMIC『建築事務所探訪』掲載

PRISMICの『建築事務所探訪』に、先日受けたインタビュー記事が掲載されています。いかに建築を目指したのか、卒業から事務所立ち上げまでの概観です。是非ご笑覧くださいませ。

立石遼太郎氏による『荻窪の連峰』Review

立石遼太郎氏による「荻窪の連峰」のレビューが、オーム社特設サイトで公開されています。

内覧会時、「長い間天井を見続けて、やっと理解できました…」と彼が言っていたのが印象的で、今回レビューをお願いすることになりました。ものそのものへと向かう深い読み込みと、それらが織りなす空間の把握。独自の見立ての内に拮抗する具象と抽象について書かれたスリリングな展開の論考だと思います。淡々と撮っているようで勘所を外さない、流石の阿野太一さんの写真と共に御高覧ください。

Lecture @ Kyoto University of Art and Design

Being Amateur !

高解像度のチラシ(PDF)はこちら ▶︎ 

11月24日(土)に京都造形芸術大学(京都市左京区)でレクチャーをさせて頂きます。

just a small lecture @ OSAKA

3月24日(土)、大阪は十三でレクチャーさせていただくことになりました。まだ何を話すかは決めていませんが、只の作品紹介だけにはしないつもりです。お誘い合わせの上、是非いらしてください!

ご希望の方は  <kuyama@kenchikukahudosan.com> 久山氏までご連絡の程お願い致します。