Friedrich Wilhelm Nietzsche

「わたしたちは友人だった。それから疎遠になった。しかし、それは当然のことなのだ。わたしたちはそのことを、はずかしがって隠したり、ごまかしたりしないだろう。わたしたち二人は、それぞれに別の航路と目的地をもった二艘の船なのだ。いつの日かわたしたちの航路がまじわり、昔そうしたように、二人して祝祭を催すこともあるだろう。–あのころ、二艘のけなげな船は、同じ港で同じ陽をあびて、肩を並べて静かに横たわっていた。まるでもう目的地に着いたかのように、目的地がひとつであったかのように見えた。しかし、やがて抗しがたい使命のよびかけにうながされて、わたしたちは再び異なる海へ、異なる海域へ、異なる太陽のもとへと、遠く離れることになったのだ。–あるいはもう二度とまみえることがないかもしれぬ。もう一度まみえることがあっても、お互いがわからないかもしれない。異なる海と太陽が、わたしたちをすっかり変えてしまっていることだろう。」……

ロラン・バルト「恋愛のディスクール・断章」より

コメントはまだありません »

コメントを残す

ja 107号『のりたまハウス』掲載

ja 107号 特集 Space in Detail「ディテールの思考と挑戦に『のりたまハウス』が掲載されています。『ディテールの系譜』というエッセイも寄稿しました。是非御笑読くださいませ。

『荻窪の連峰』新建築住宅特集掲載

『荻窪の連峰』が新建築住宅特集2016年12月号に掲載されています。

MARK61

現在世界で最も多く読まれていると言われるオランダの建築雑誌【MARK61号】に、『のりたまハウス』と『高輪の住宅』が紹介されています。

ロングセクションということで計12頁の異例の扱いです。

作品選集2016『のりたまハウス』掲載

日本建築学会作品選集2016に『のりたまハウス』が入選しました。

 

型を破る光

手嶋保「伊部の家」詳細図集に寄稿しました。

「型を破る光」というタイトルです。

短い文章ですが、私なりの手嶋論。

是非御笑読ください。

何より詳細図集がすごいです!