『のりたまハウス』着工

noritama001

かねてより計画を進めておりました『のりたまハウス』が先月末着工いたしました。上掲の写真は本日行った配筋検査時のものです。

この後耐圧版コンクリートを打設し、基礎の立ち上がり部分を施行していきます。

大きな曲線の型枠が見えていますが、木造三階建ての住宅です。建て方が終われば大体の雰囲気は分かると思いますが、曲線と直線の外壁が組み合わされ、壁がのめり込むようにして開口が生まれていきます。

吹き抜けの大きなR壁に光が廻る、とても印象的な空間が生まれるはずです。乞うご期待!^^

コメントはまだありません »

コメントを残す

2018年11月24日(土)京都造形芸術大学(京都市左京区)でレクチャーします!無料ですので是非!

高解像度のチラシ(PDF)▶︎ 

just a small lecture @ OSAKA

3月24日(土)、大阪は十三でレクチャーさせていただくことになりました。まだ何を話すかは決めていませんが、只の作品紹介だけにはしないつもりです。

ご希望の方は  <kuyama@kenchikukahudosan.com> 久山氏までご連絡の程お願い致します。

『のりたまハウス』+『ディテールの系譜』掲載

新建築社 ja 107号 特集 Space in Detail「ディテールの思考と挑戦に『のりたまハウス』が掲載されています。『ディテールの系譜』というエッセイも寄稿しました。是非御笑読くださいませ。

『荻窪の連峰』新建築住宅特集掲載

『荻窪の連峰』が新建築住宅特集2016年12月号に掲載されています。

MARK61

現在世界で最も多く読まれていると言われるオランダの建築雑誌【MARK61号】に、『のりたまハウス』と『高輪の住宅』が紹介されています。

ロングセクションということで計12頁の異例の扱いです。