House in Himemiya/姫宮の住宅

back to works

[portfolio_slideshow]

「姫宮の住宅」は、田園風景の中に建つ平屋建て住宅です。外見は只の箱のように見えるかもしれません。

周囲に広がる大らかな風景に、強い「かたち」や「デザイン」は似合わないような気がしたのです。

四隅を壁で固めた長方形の各辺には、大きな開口部があります。
内部は構造体が露わになった、あっけらかんとした空間が広がっていて、各面に開いた大きな開口部から、広い庭の緑だけが見えます。
3.36メートルある天井には、大きな屋根を支える梁が張り巡らされており、そこに開けられたトップライトから落ちる光が、この空間にリズムを与えてくれます。

一見するとワンルームの大きな箱ですが、都心では望めない豊かな外部環境を取り込む開口と、張り巡らされた巨大な梁によって、単純でありながら、得も言われぬ豊かさを持った空間が生まれることを望みました。

 

1件のコメント »

  1. […] 解説もあり、実務者の方も楽しめます。後半の事例集のなかで、以前EOS plusにお願いした姫宮の住宅を取りあげていただいていただいております。あまり表に出ることのない、照明計画・ […]

RSS feed for comments on this post. / TrackBack URI

コメントを残す

ja 107号『のりたまハウス』掲載

ja 107号 特集 Space in Detail「ディテールの思考と挑戦に『のりたまハウス』が掲載されています。『ディテールの系譜』というエッセイも寄稿しました。是非御笑読くださいませ。

『荻窪の連峰』新建築住宅特集掲載

『荻窪の連峰』が新建築住宅特集2016年12月号に掲載されています。

MARK61

現在世界で最も多く読まれていると言われるオランダの建築雑誌【MARK61号】に、『のりたまハウス』と『高輪の住宅』が紹介されています。

ロングセクションということで計12頁の異例の扱いです。

作品選集2016『のりたまハウス』掲載

日本建築学会作品選集2016に『のりたまハウス』が入選しました。

 

型を破る光

手嶋保「伊部の家」詳細図集に寄稿しました。

「型を破る光」というタイトルです。

短い文章ですが、私なりの手嶋論。

是非御笑読ください。

何より詳細図集がすごいです!