about

■略歴

1969年 東京都生まれ/神奈川県藤沢市出身

1988年 神奈川県立湘南高等学校卒業

1993年 東京理科大学理工学部建築学科卒業(工学学士)

1995年 東京理科大学大学院理工学研究科建築学専攻修士課程修了(工学修士)

1996年 コロンビア大学建築都市修景学部大学院修了(M.S.A.A.D.)

1997年 青木淳建築計画事務所入所

2000年 同事務所退所

2000年 高橋堅建築設計事務所設立

2000年〜京都造形芸術大学非常勤講師

2002年〜東京理科大学非常勤講師

2015年〜昭和女子大学非常勤講師

2016年 前橋工科大学非常勤講師(~2017年)

 

 

——————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————

■受賞等

2006年 日本建築士会連合会賞 奨励賞 「東京理科大学コミュニケーション棟」(審査員:岸和郎/阪田誠造/鈴木博之/難波和彦/村松映一/松川淳子/松本陽一)

2007年 日本建築学会作品選集 入選  「東京理科大学コミュニケーション棟」

2008年 東京建築士会住宅建築賞    「弦巻の住宅」(審査員:小嶋一浩/西沢立衛/藤本壮介/乾久美子)

2010年 日本建築学会作品選集 入選  「弦巻の住宅」

2010年 日本銅センター賞(第37回)  「BRASS CLINIC」

2013年 日本建築学会作品選集 入選  「姫宮の住宅」

2013年 モダンリビング大賞 特別賞  「姫宮の住宅」

2014年 日本建築学会作品選集 入選  「東玉川の家」

2016年 日本建築学会作品選集 入選  「のりたまハウス」

 

——————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————

■資格

一級建築士/管理建築士

——————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————

■所属団体

社団法人日本建築学会

社団法人東京建築士会

——————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————

■委員

社団法人日本建築学会 関東支部 作品選集選考部会委員 2011/2012

——————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————

■事務所概要

一級建築士事務所 高橋堅建築設計事務所

東京都知事登録 第 48539 号

103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-25-10秀和ビル3F

Tel  03-6264-8268

Fax 03-6264-8269

※ 週末は藤沢市鵠沼松が岡にある分室での打ち合わせも可能です

——————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————

KEN TAKAHASHI

1969   November 1, born in Tokyo

1993   Bachelor of Engineering in Architecture, Tokyo University of Science

1995   Master of Engineering in Architecture, Tokyo University of Science

1996   Master of Science Degree in Advanced Architectural Design(M.S.A.A.D.),

The Graduate  School of Architecture, Planning and Preservation (G.S.A.P.P.),

Columbia University

1997   Worked for Jun Aoki Architectural Office ( Jun Aoki & Associates )

Projects:

・House U

・Snow Foundation

・House Z

・House B

・Competition Design for Louis Vuitton in Nagoya

・Exhibition Design for Gallery Ma

・Editing Collaboration for Jun Aoki Atmospherics/TOTO Shuppan

2000   Quit Jun Aoki & Associates

2000   Set up Ken Takahashi Architectural Office ( Ken Takahashi Architects )

2000~  Part time teaching staff at Kyoto University of Art and Design

2002~  Part time teaching staff at Tokyo University of Science

——————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————

Office

Registered Architect Office : Ken Takahashi Architects

Registration Number: No. 48539  Governor of Tokyo

Address : 103-0013   2-25-10 Shuwa Bldg. 3F, Nihombashi Ningyocho, Chuo-ku, Tokyo

Tel :  03-6264-8268

Fax :  03-6264-8269

——————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————

Qualification : First Class Registered Architect

Affiliations :

Architectural Institute of Japan

Tokyo Society of Architects and Building Engineers

——————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

手嶋保氏との対談@LIXIL eye

‪LIXIL eye No.19に手嶋保さんとの対談が掲載されています。設計した住宅を互いに訪問して対話を重ねる「住宅クロスレビュー」というコーナー。手嶋さん設計の「井の頭の家」と、私が設計した「姫宮の住宅」を別日に訪れて対談。いつもの茶飲み話かと思いきや、話題は意外に真面目な建築論へと…。写真も含めると10ページの分量で、読み応えもあると思います。数ヶ月後にリクシルのwebsiteでも配信されると思いますが、‬ 両住宅とも藤塚光政氏による撮り下ろしで写真が非常に美しいです。是非実際の誌面の方で御覧くださいませ。

▶LIXIL eye NO19 PDF版

▶高解像度版 download

邂逅、そして…

初めてロンシャンの礼拝堂を訪れたときのことを、8年ぐらい前にもさらっと書いていたのを思いだしました。「邂逅、そして」 ▶

とても短いエッセイなので、こちらも是非!

OMソーラーのこのシリーズ、知らない間にずいぶんと多くの建築家の方が書き連ねているようです。何気に大御所ばかりとなっていて気が引けます…

「建築と私」 ▶

PRISMIC『建築事務所探訪』掲載

PRISMICの『建築事務所探訪』に、先日受けたインタビュー記事が掲載されています。いかに建築を目指したのか、卒業から事務所立ち上げまでの概観です。是非ご笑覧くださいませ。

立石遼太郎氏による『荻窪の連峰』Review

立石遼太郎氏による「荻窪の連峰」のレビューが、オーム社特設サイトで公開されています。

内覧会時、「長い間天井を見続けて、やっと理解できました…」と彼が言っていたのが印象的で、今回レビューをお願いすることになりました。ものそのものへと向かう深い読み込みと、それらが織りなす空間の把握。独自の見立ての内に拮抗する具象と抽象について書かれたスリリングな展開の論考だと思います。淡々と撮っているようで勘所を外さない、流石の阿野太一さんの写真と共に御高覧ください。

Lecture @ Kyoto University of Art and Design

Being Amateur !

高解像度のチラシ(PDF)はこちら ▶︎ 

11月24日(土)に京都造形芸術大学(京都市左京区)でレクチャーをさせて頂きます。