open-office

当事務所では随時、オープンオフィス(建築相談会)を開催しています。

プランニングをするわけではないので、基本的には無料です。

・設計事務所の仕事のやり方を聞いてみたい。

・設計料はどのように計算するのか?

・こんな敷地に希望する住宅が建てられるだろうか?

などなど…

住宅を新築(改修)される方の多くが、設計事務所に仕事を頼む際、たくさん質問があるのは当然と考えています。

そうした不安を聞き解消していくことで、より多くの方のお手伝いができればと思っております。

これまで当事務所に住宅を依頼してくださった方々も、最初の連絡は緊張したと仰る方がほとんどでした。

そうした障壁をとりのぞき、まずは設計事務所がどんなことをしている所なのか知っていただきたいと考えています。

是非お気楽にご連絡ください。

※contact formから一度ご連絡くださるようお願いいたします。

※上記contact form の調子が悪い場合、kenkenken(@)pop11.odn.ne.jpまで

 

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

『荻窪の連峰』新建築住宅特集掲載

『荻窪の連峰』が新建築住宅特集2016年12月号に掲載されています。

MARK61

現在世界で最も多く読まれていると言われるオランダの建築雑誌【MARK61号】に、『のりたまハウス』と『高輪の住宅』が紹介されています。

ロングセクションということで計12頁の異例の扱いです。

作品選集2016『のりたまハウス』掲載

日本建築学会作品選集2016に『のりたまハウス』が入選しました。

 

型を破る光

手嶋保「伊部の家」詳細図集に寄稿しました。

「型を破る光」というタイトルです。

短い文章ですが、私なりの手嶋論。

是非御笑読ください。

何より詳細図集がすごいです!

都市住宅における開口のオルタナティブをめぐって

noritama_detail

彰国社ディテール206号に『のりたまハウス』が掲載されています。

作品そのものというより、『弦巻の住宅』から『東玉川の家』を経由して、この住宅に至る開口部の変遷について4,000字超の文章で解説しています。ぜひご笑読下さい。