空想 皇居美術館

「空想 皇居美術館」出版記念展覧会が、月島のタマダプロジェクトで行われています。5/10〜5/16

皇居美術館とは、美術家の彦坂尚嘉氏によって着想され、その後約10年間にわたって展開・変奏されてきた、日本と日本美術に関わる思考の営みの総体とも言えるものです。

今回の出版は、五十嵐太郎/新堀学両氏の協力のもと、これまでの皇居美術館をめぐる言説の軌跡を、一冊の本に凝縮させたものとなっています。

現在皇居におられる天皇家の方々には京都に帰京していただき、空っぽになった場所に超一流と考えられる日本古来の美術品、建築(!)を集め展示するということが、一義的には皇居美術館の役割になります。

諸外国には自国の文化を集積・展示する巨大な美術館があるのに対し、日本にはそうした美術館がないこと、また現代の日本の文化が、近代以前の日本美術に全く関わりなく成立していることを憂う、「憂国」の概念が根本にはあるようです。

もちろん空想のプロジェクトなので、現実味はほとんどありません。しかしこうした仮説を立てることで、いつの間にかタブーになってしまったことに、再度思考を巡らせる契機をつくることはとても重要なことだと思います。

私自身はノンポリで、右も左もないのですが、大した知識もないまま皇居をタブー視していたことを反省しました。

昨日はレセプションパーティーの後、社会学者の若林幹夫氏、竹中工務店の荻原剛氏を招いてのトークイベントもありました。

「皇居は東京の中心ではなく、奥ではなかったのか」という若林幹夫さんの発言がかなり興味深かったので、今度氏の著作を読んでみようと思っています。

会場には地上1000mの巨大なタワー型美術館の模型のほか、収蔵する美術作品に対する彦坂氏によるオマージュ作品やアートワークも展示されており、氏の近作をまとめて見ることができます。

また新堀学氏のアーバン・ヴォイド案、伊豆下田に構想された松田達氏による、より現実性が検討された案なども展示されており、とても楽しめました。

松田達氏のアイディアは1/6円を元にタワー建築を展開していく、メタボリズム的雰囲気のある建築で、今回の展覧会の主旨によく合っていると感じました。無限美術館の一形式にまで高めうる、興味深い提案です。

Details »

建築はどこにあるの?/7つのインスタレーション

東京国立近代美術館で開催されている、「建築はどこにあるの?7つのインスタレーション」に行ってきました。

出展者はアトリエ・ワン、伊東豊雄、鈴木了二、内藤廣、中山英之、菊地宏、中村竜治の7名です。(敬称略、順不同)

オープニングにも呼んでいただいたので、今回が二回目です。オープニングにはなんの予備知識もなく行ってしまい、正直やや戸惑いました。今回は午後遅い時間だったこともあって人も少なく、ゆっくりと見ることができました。そのため心なしか、各々の作品に対して理解が深まったような気がします。まあ某媒体に展覧会評を書かなければならなくなったので、そうでないと困るのですが(笑)

カタログもまだ発売されていないので、基本情報が全く不足しています。こんな状況で展覧会評を書くのは本当につらそうです。しかも大御所、新進気鋭の方ばかりなので、どうしたらいいか途方に暮れています。

誰か代わってくれるといいのですが・・・。

ということで今回は写真だけのアップとなります・・・。

展覧会風景はこちら (写真は私が撮ったものです)

dragon orchid

alibi

riverbed