岸和郎先生による『のりたまハウス』レビュー

JT201411

建築家で京都大学教授である岸和郎先生による『のりたまハウス』のレビュー『建築を想うこと』が、新建築住宅特集11月号に掲載されました。 皆さま是非御覧くださいませ。

“歴史上連綿と存在し続けてきた、あの「建築」がここにある”

という一節に痺れました。素晴らしい論評をありがとうございます。

『のりたまハウス』新建築住宅特集掲載

JT1407

新建築住宅特集7月号に『のりたまハウス』が掲載されています。名前はかわいらしいですが、この住宅もまた超絶気合いを入れてつくりました〜 是非ご笑覧くださいませ。ちなみに上掲の表紙写真は『のりたまハウス』です。

のりたまハウス竣工

001

這々の体で『のりたまハウス』竣工 …

『のりたまハウス』着工

noritama001

かねてより計画を進めておりました『のりたまハウス』が先月末着工いたしました。上掲の写真は本日行った配筋検査時のものです。

この後耐圧版コンクリートを打設し、基礎の立ち上がり部分を施行していきます。

大きな曲線の型枠が見えていますが、木造三階建ての住宅です。建て方が終われば大体の雰囲気は分かると思いますが、曲線と直線の外壁が組み合わされ、壁がのめり込むようにして開口が生まれていきます。

吹き抜けの大きなR壁に光が廻る、とても印象的な空間が生まれるはずです。乞うご期待!^^